So-net無料ブログ作成
検索選択
本のこと ブログトップ
前の10件 | -

Dolly*Dolly 2015winter [本のこと]

こちらも去年のネタです。

IMG_3013_R.JPG
Dolly*Dolly 2015winterを買いました。


Dolly*Dolly 2015winter (お人形BOOK)

Dolly*Dolly 2015winter (お人形BOOK)




IMG_3014_R.JPG
最近流行りのKIKIPOP !!が載っています。
ん~、このアヒル口が苦手。


IMG_3015_R.JPG
特集はおばあさんみたいなグランマスタイル、いろんなドールが載っていました。
ドレスは型紙つきです。


IMG_3016_R.JPG
夢で見たドレスがテーマ。
リカちゃんのアリスかわいい。
残念ながら型紙はなし。


IMG_3017_R.JPG
rurukoの着物は型紙が載っています。
いいなぁ、かわいいなぁ。


IMG_3020_R.JPG
ふふ、とうとうruruko買っちゃったんですよ。
アルバイト代が入るからって散財しすぎ!


IMG_3019_R.JPG
本当はこの右の小麦色のmomokoも欲しかったの。
悩んでいるうちに売り切れちゃった。
この子にフラの衣装着せたら絶対に似合うと思う。


IMG_3018_R.JPG
ドール小物の作り方も載っています。


IMG_3021_R.JPG
紅茶をテーマにした限定ワンダですって。
当然売り切れてますけどね。

今回のDolly*Dollyは内容が良かったなぁ。
ドール本は基本、アマゾンで予約購入をするんです。


DollyJapan(ドーリィジャパン)vol.3

DollyJapan(ドーリィジャパン)vol.3

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2015/01/10
  • メディア: 大型本


でも先週発売になったこちらは注文を悩んだの。
だって表紙も内容もKIKIPOP !!推しで、どうかなって。
それで有隣堂で中を見てきました。
やっぱりKIKIPOP !!がメイン、欲しい型紙もなかったし買うのをやめました。
DollyJapanは創刊から買っていたんですが、1冊2376円ですからね。
欲しくないのに買っても仕方ない。


他にも欲しい本はたくさんあります。

編みもの「英文パターン」ハンドブック

編みもの「英文パターン」ハンドブック

  • 作者: 西村 知子
  • 出版社/メーカー: 東京書籍
  • 発売日: 2015/01/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


編み物のレシピって日本と海外では全然違うって知ってますか?
日本はちゃんと図が載っていて見ればわかるけど海外のは全部字で書いてあるんですって。
それも略語になっていたりして初めての人はわからないらしいです。
私は海外のレシピで編んだことはないんですが、とにかくこの本がいいという噂を聞いて気になっています。
英語の勉強にもなるしね。



ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻 (新潮文庫)

ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻 (新潮文庫)

  • 作者: 宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2014/08/28
  • メディア: 文庫


こちらの本も欲しい。
宮部みゆきの「ソロモンの偽証」が文庫化されました。
私は単行本を図書館で借りて読んだんですが、すっごく面白かった。
宮部みゆき、すごいなって思った。(←単純)
そしたら文庫化されて最終巻の6巻に後日談があるという~。
そんな~。
それもつい最近読んだ「ペテロの葬列」とのコラボだと~。
欲しいけど、6巻だけ買っても仕方ないのでしばらくたってからブックオフで大人買いします…。
これ、映画化されるらしい。
うわー、「模倣犯」のようにならないといいね。



悲嘆の門(上)

悲嘆の門(上)

  • 作者: 宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • 発売日: 2015/01/15
  • メディア: 単行本


こちらも気になる。
アマゾンにはミステリーを超え、ファンタジーを超えたってある。
宮部さんのファンタジーも壮大で面白い。
ゲーム好きだからRPGのようです。
「英雄の書」もよかった。
それにしても宮部さん、仕事しすぎ。



西原理恵子と枝元なほみのおかん飯

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯

  • 作者: 西原 理恵子
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • 発売日: 2014/12/12
  • メディア: 単行本


この本は買いました。
使えるような、使えないような…。
もっとレシピを試してからレビューします。

みんな年間いくらぐらいの本代を使っているんだろう。
私は小説は図書館で借りるけど、ドール本とか手芸本とか買うので年間数万は使ってしまう。
最近は本も高いからなぁ。
って言いながら買っちゃいますが。




あっ、まだ46%オフですね。
欲しくなっちゃうじゃん。
でも私はツリーハウスの方が欲しいんだよな~。
nice!(0)  コメント(2) 

初めてのかぎ針編み ハロウィンパターン100 [本のこと]

ハロウィン目前で申しわけない。



こちらの本、9月に本屋で見かけて、ずっと買うか悩んでいた。
10月になって、もう時間もないし、って諦めました。
そうしたら図書館にあったの~。
もっと早く検索すればよかった。

IMG_2632_R.JPG
中はハロウィンモチーフだけで一冊です。
エジング、かわいい。


IMG_2633_R.JPG
くもの巣とかクモとか。


IMG_2634_R.JPG
立体的なカボチャ、編んでみたい。


IMG_2635_R.JPG
お化けもいいねぇ。


IMG_2636_R.JPG
このドラキュラのマントとか帽子とかシルバニアに応用できそう。


IMG_2637_R.JPG
ドイリーもかわいい。
これ編んで、シルバニアの絨毯にしたらいいかも。


IMG_2638_R.JPG
ねこ~。
レース編みってどうも不得手だけど、編んでみたい。


どれもかわいい。
図書館にあるから安心して読める。
ちなみに店頭ではもう見かけません。




今はこちらの本が並んでいます。
立ち読みしてきましたが、インコマスコットもあってかわいかった。
欲しい…。





図書館には3年前に出たこの本がありました。
クリスマスまでに何か編めるかな。

11月9日まで読書週間です。
小説はいつも図書館で借りていますが、経費削減のためかかなり長い間予約待ちになります。
IMG_2641_R.JPG
それが今週にどっと借りれまして、これだけたまっています。
どれも長編、どれも次の予約があるので2週間しか借りれません。
まずは宮部みゆきから攻めてます。


IMG_2630_R.JPG
ハロウィンクッキーを焼きました。
娘が学校で友達にあげるということで、今現在アイシングしています。
手伝って!とうるさい。
クッキーは私が焼いたのに。
nice!(0)  コメント(0) 

DollyJapan Vol.2 [本のこと]

早いもので10月突入ですよ。
今年も3カ月切っちゃった。
すぐハロウィンだし、次はクリスマスだし。
あっという間に年を取るのがこわい。


IMG_2222_R.JPG
またまたドール本です。
こちらは9月の発売でした。
ここ数カ月続けて2000円以上の本を買っているんですよね。


IMG_2223_R.JPG
今回はプーリップ特集。
プーリップは一体も持っていないけど、ブライスと違って関節が動くのがいいですね。
ポーズがつけやすいもの。
あんまり見るとどんどん欲しくなる。


IMG_2224_R.JPG
小さい人形も特集されています。
この子達、小さくても球体関節で動くんです。
お値段も1万円以上…。


IMG_2225_R.JPG
小さい子の簡単ドレス作り方が載っています。
こちらはシルバニアのドレス作るのにも参考になりますよ。
大体作り方は同じです。
尻尾があるかないか。


IMG_2226_R.JPG
momokoの変身ページ、~映画のように装って~はルパン三世の不二子ちゃんです。


IMG_2227_R.JPG
momokoって本当にフォトジェニック。
かわいいです。


IMG_2228_R.JPG
ミディブライスのアウトフィット作りも載っています。
袖って慣れないと大変。
前にシルバニアでも袖を作ろうとしたけど、やっぱり腕の長さが足りなくて大変だった。


IMG_2229_R.JPG
最近興味があるのが皮細工。
靴が作りたい。
本を見ると3~5センチぐらいのミニチュアのなら載っているけど、実際のドールはもっと小さいからね。
このページではミディブライスの靴(っていうかサンダル?サボ?)を作っています。




革で作るミニチュアサイズの可愛い小物

革で作るミニチュアサイズの可愛い小物

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/05/18
  • メディア: 単行本


↑この本がいいらしいけど、そこまで手を出していいのか私。
皮細工ってある程度の道具が必要だよね。
皮の入手も面倒かな。
よく考えて行動しよう。(←ムリ)


DollyJapan Vol.2

DollyJapan Vol.2

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2014/09/12
  • メディア: 大型本


↑前号と同じで読みごたえのある本でした。
写真もきれいだし。
次号は1月。
やっぱり年間購読予約しようかしら。
バッグもらえるし。


先週でNHKの朝の連続テレビ小説の花子とアンが終わってしまいました。
私が小学生のころから何度も読み返している赤毛のアンの訳者のお話でした。
そちらの原作本も読んでいたので、ドラマとの違いも楽しめました。

アンシリーズはグリーンゲイブルズから始まって、村に、大学に、結婚生活にとお話が進んで、最後はアンの子供たちが主役となります。
いままでアンシリーズとして文庫化されていたのは10冊。
そう思っていたんですが、いつの間にかモンゴメリの死後に出版された2冊が訳されていました。


アンの想い出の日々〈上〉―赤毛のアン・シリーズ〈11〉 (新潮文庫)

アンの想い出の日々〈上〉―赤毛のアン・シリーズ〈11〉 (新潮文庫)

  • 作者: ルーシー・モード モンゴメリ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/10/29
  • メディア: 文庫



アンの想い出の日々〈下〉―赤毛のアン・シリーズ〈11〉 (新潮文庫)

アンの想い出の日々〈下〉―赤毛のアン・シリーズ〈11〉 (新潮文庫)

  • 作者: ルーシー・モード モンゴメリ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/10/29
  • メディア: 文庫


翻訳は村岡 美枝さん、花子の孫にあたります。
ドラマと同じく姪を養女にしたので、役名でいえば美里ちゃんの娘ですね。
こちらの本も2冊とも買いました。
普段小説は図書館で借りて読むんですが(読んで気に入った物はブックオフで買う)、アンシリーズは買わねばなりません。
といっても、他に借りた本んがたくさんあってまだ読み終わっていないんですけどね。
歯医者にも通っているし、待合室で本を読む時間はあります。
楽しみに読みたいと思います。
翻訳の違いもわかるかな。



インフェルノ (上)  (海外文学)

インフェルノ (上) (海外文学)

  • 作者: ダン・ブラウン
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2013/11/28
  • メディア: ハードカバー


↑この前までこの本を読んでいました。
図書館でも大人気で9カ月以上も予約状態でした。
下巻はまだ借りれません。
ダン・ブラウンを読むとヨーロッパ行きたくなるのよね。
あ~、フィレンツェ行きたい~。
とりあえず下巻が読みたい。
nice!(0)  コメント(0) 

Dollybird vol.20 [本のこと]

こちらの本をドールハウス・コーディネイト・レシピの前に買っていました。

IMG_2191_R.JPG
Dollybird vol.20です。
こちらが先に出て、次に本格的なドールハウス本が発売されたんですね。
って、こっちも十分本格的ですが。


IMG_2198_R.JPG
ただお人形が違います。
それにしてもこの鏡の額とかドアの飾りとか全部作るんですよ。
すごいなぁ。


IMG_2199_R.JPG
壁とか窓とか床とか組み合わせて雰囲気を変えられるのか。


IMG_2200_R.JPG
自分で設計図書いたりしてさ。
こういうのは好きじゃないと出来ないよね。


IMG_2201_R.JPG
スタイロフォームを使ってフォルムが美しいソファも作ってます。
ソファのくぼみに沿って一つ一つ布張ってますよ。


IMG_2202_R.JPG
私が買ったのは通常版ですが、この椅子のキットがついた限定版も発売されてました。
700円ぐらい高いけど。


IMG_2203_R.JPG
6分の1サイズの家具のキット販売もあるんですね。
キットだったら私でも何とかなるだろうか。


IMG_2204_R.JPG
人形作家と人形の部屋と言うページにあったジェニーの3階建てのお家。
すごい~、高さ2mですって。
ちゃんとハウスになっているのってやっぱり格好いい。
アリエッティのドールハウスとか憧れます。


IMG_2205_R.JPG
最近流行りのミニチュア食品作り方も載っていました。


IMG_2206_R.JPG
コップの持ち手作ったり、クッキーのアイシングを一本一本くっつけたり、ローガンが進んだら無理~。

やっぱりドールハウス作りも若いうち(ってほどもう若くないが)にやらないと老後の楽しみにするにはきついのかしら。



Dollybird vol.20 【通常版】

Dollybird vol.20 【通常版】




Dollybird vol.20 【限定版】 ([バラエティ])

Dollybird vol.20 【限定版】 ([バラエティ])

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2014/06/30
  • メディア: 大型本



nice!(0)  コメント(0) 

ドールハウス・コーディネイト・レシピ [本のこと]

買った本もたまっています。
夏の間にドール本が何冊も出ました。
本って高いよね。
最近では秋冬の編み物の本もたくさん出版されて欲しいのもあるんですが、一冊1500円ぐらいするのが普通です。
地味にきつい。
まぁ、買ってますが。
それでも悩んでやめているのもたくさんあるのよ~。
編み物系は去年の本からも編んでないのたくさんあるし、1冊の中で1つか2つしか編みたいのなければ断念してます。
図書館にあればいいんだけど編み物の本は出版される数も多いからよほど作家がメジャーでないと入らないのよね。
誰か図書カード1万円分くらいくれないかな。

IMG_2209_R.JPG
ドールハウス・コーディネイト・レシピです。
こちらは普通のドールハウスの本じゃなくて、Dolly*Dollyから出ている6分の1サイズの家具や小物、ハウスが作れます。
6分の1って言えばリカちゃんサイズ。
ブライスは体が6分の1サイズですが、頭入れたら大きいな。

IMG_2221_R.JPG
中に載っているドールハウスは6種類。
ちゃんとした一軒屋を作るよりは簡単になっています。
まぁ、6分の1サイズで一軒家作ったら大きすぎるよね。


IMG_2210_R.JPG
パネル型、お手軽かも。
でもドアから家具から作るのってやっぱり大変。
シルバニアと比べても全然大きい。


IMG_2211_R.JPG
本棚とかテーブルとか作れたら楽しそう。


IMG_2213_R.JPG
L字型、でもブライスが立つとちょっと小さく見える。
カップボードとか窓とか細かい。


IMG_2214_R.JPG
アイロン台とか手芸小物とかすごいね。
あぁ、老眼が進んでいる身としては辛いかも。


IMG_2215_R.JPG
壁紙とか並んだ本とか格好いい。


IMG_2217_R.JPG
カラフルなベッツィーのお部屋もかわいい。
子供部屋って感じですね。


IMG_2220_R.JPG
こういう家型でちょこっと飾るのもいいね。


IMG_2219_R.JPG
中に登場するドールのドレスのレシピもついています。


IMG_2212_R.JPG
この本を見て、ますますおやゆび姫rurukoが欲しくなった。


家の作り方も家具の作り方も丁寧に載っています。
壁紙の張り方とか漆喰風の壁の塗り方とかも詳しく書いてあるし、家具や小物の作り方もあります。
多分初心者もこれ見れば何とかなると思う。

私はね~、どうも腰が引けちゃうんですよ。
はまりすぎても困る世界のような気がして。
いずれドールハウス講座みたいのがあれば受けてみたいなぁ。


ドールハウス・コーディネイト・レシピ (Dolly*Dolly BOOKS(ドーリィドーリィブックス))

ドールハウス・コーディネイト・レシピ (Dolly*Dolly BOOKS(ドーリィドーリィブックス))

  • 作者: ロザリンペルレ
  • 出版社/メーカー: グラフィック社
  • 発売日: 2014/08/07
  • メディア: 大型本



それにしても最近老眼だなぁと思うことがたびたびある。
まだメガネが必要ってほどじゃない。
でもちょっと離してみることが多くなった。
先日、子供がマックの月見バーガーが食べたいというのでみんなで食べたんだけど、私はきのこ月見にしたの。
一口食べて、きのこ味がする~ってきのこを見ようとして、食べて手に持った位置じゃよく見えなかった。
ちょっと離すとよく見える。

別に文庫本が読めないとか、スマホをすごく離さないと見えないとかじゃない。
でも薬箱に書いてある注意書きとかは見るの面倒ってちょっと思う。

40代になったらくるよ~と言われていたのでもう仕方ない。
手芸も夜になると見づらいもんね。
次の問題はいつ老眼鏡を作るかだな。
とりあえず夫も同じくらい見えないと言っているので、まぁいいです。
nice!(0)  コメント(2) 

Sewing & Crochet [本のこと]

最近のマイブーム洋裁です。
実際は本を買って、布を買って、眺めて止まっているんですけどね。

IMG_1218_R.JPG
小物がたくさん載っている本を買いました。
洋服チュニック1着しか載っていません。


IMG_1220_R.JPG
バッグはいくつか載っています。
バッグ用に布も買ってあるんですよね。
やればすぐに作れると思うのになかなかやらない。


IMG_1221_R.JPG
こういう形も面白い。
何事もやる気が大事。


IMG_1222_R.JPG
この2重のポーチが作りたい。
外のポーチをあければ中にまたファスナーがあります。


IMG_1223_R.JPG
10㎝ファスナーで作るキャラメルポーチもかわいい。
これも作ろうと思って布を切ってある。(じゃあ、縫えっつうの)


IMG_1224_R.JPG
丸い布をギャザーで寄せとポーチにするとか面白い。


IMG_1226_R.JPG
おしりふきとかウェットティッシューのケースも作ろうと思ってウェットシートのフタ「ビタット」も買ってある。
鎌倉スワニーで買ったフラ柄で作るつもり。
ただおしりふきってもう使わないから適当な大きさのウェットシートを探さないと。


IMG_1227_R.JPG
ガマ口もね~。
最近研究しているの。
こちらもまた本を買ったし。
これは編んで縫い付けたもの。


GWも結局何も出来上がらなかった。(型紙作ったり、布切ったりはしたのよ)
言い訳ばかり言わずにがんばろう。

今日は息子の中学の部活の説明会だった。
野球部がこんなに大変と思わなかった。
親の仕事はそれほどないんだけど、休みの日の集合は遅くて6:30だと判明、1年生は20分前行動で6:10分集合だって。
それは一年中冬でも同じ…。
つまり引退まであと2年半は続くのである。
明後日なんて5:30集合だって。
もうぜんぜん週末が楽しみじゃない。
ちなみに雨でもいったんお弁当持って学校に集合するらしいっす。
あ~、いつ寝坊すればいいの。(←早起きして趣味のことすればいいのにね)
nice!(0)  コメント(0) 

DollyJapan <ドーリィジャパン> vol.1 [本のこと]

IMG_1109_R.JPG
DollyJapan <ドーリィジャパン> vol.1 が刊行されました。

DollyJapan <ドーリィジャパン> vol.1

DollyJapan <ドーリィジャパン> vol.1

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2014/04/30
  • メディア: 大型本


この本、2376円とちょっとお高いです。
最近、本代がかかるなぁ。
ふふ、でも去年PTAの大きな長をやったのでそのお礼(?)として3000円の商品券をもらったのだよ。
本2冊買ったらもうきれいさっぱりなくなりましたけど。

IMG_1110_R.JPG
今回のメインはミディブライスです。
ノースリーブの簡単ドレスレシピが載っています。


IMG_1111_R.JPG
前身頃と後ろ身頃合体式の簡単型紙です。
私がおでこちゃんに作ったのよりずっと簡単。


IMG_1112_R.JPG
モモリータさんのフラミンゴドレスのレシピも載っています。
フラミンゴを巻きつけるって斬新。


IMG_1113_R.JPG
Dressed Like a Cinema ━映画のように装って━という連載です。
1回目は「ヘルタースケルター」、真っ赤なドレスがmomokoさんに似合っています。
映画は見たことないけどイメージぴったり。


IMG_1115_R.JPG
ゴシックな創作球体関節人形の作家の清水真理さんの人形展の記事です。
好き嫌いがはっきりしそうなお人形ですね。
人形教室も主催なさっているそうです。
思わず参加できるか調べちゃったよ。


IMG_1116_R.JPG
ガチャガチャの話題も少し載っていました。
コップのフチ子占いとか。
私は「ここは俺がくいとめる!」シリーズが好き。
この写真に吹いた。
最近長毛ネコ編が出ているんですよね。
なんどガチャの前で立ち止まったか。


IMG_1117_R.JPG
rurukoもたくさん載っています。
見ると欲しくなる。
この子のボディーはブライスくらいかな。
それともミディくらいかな。


IMG_1118_R.JPG
この手の本としては珍しく付録つき。
松苗明美さんの優美なイラストポスターです。


IMG_1120_R.JPG
裏はなんと着せ替え人形(ペーパードール)になっています。
松苗あけみさん、奇麗な絵を描くなぁ。
マンガは読んだことないんだけど、一条ゆかりさんのお弟子さんさんのようです。
なんと現在58歳!
いやぁ、びっくり。


この本、年に3回発行で定期購読の申し込みができます。
特製バッグがもらえるそうですよ。
私はポイントとか商品券とか使うことあるので頼みませんが。

今回は小さいお人形ばかりでしたが、次回もそうかな。
オールカラーで読みごたえもあって楽しい本でした。
型紙は少ないのでそれ目的の人はいらないかなぁ。

ドール本は大抵2000円以上しますね。
特集によっては買って後悔することがありますが、見るだけでも楽しいのでとりあえず買います。
ただ他のドール本と発売をずらして欲しいなぁ。
新作のお人形とか記事がかぶるんですよね。
まぁ、買っちゃいますけどね。



シルバニアファミリー シーサイド村シリーズ 大きな海のクルーズボート M-01

シルバニアファミリー シーサイド村シリーズ 大きな海のクルーズボート M-01

  • 出版社/メーカー: シルバニア
  • メディア: おもちゃ&ホビー


↑楽天さんと同じ値段まで下がっています。
余裕のある方はどうぞ。



シルバニアファミリー ファミリートリップシリーズ にぎやかツリーハウス コ-53

シルバニアファミリー ファミリートリップシリーズ にぎやかツリーハウス コ-53

  • 出版社/メーカー: エポック社
  • メディア: おもちゃ&ホビー


↑こちらは地味に値下がりしています。
46%オフで4054円。
どうせなら4000円を切ればいいのに。

明日は息子の部活の集合が6時半だって。
でも1年だから6時10分には家を出る!って言ってる。
お弁当~。
私は何時に起きればいいのか。(絶対に2度寝する)
nice!(0)  コメント(0) 

アンのゆりかご [本のこと]

IMG_0173_R.JPG
4月から始まっているNHKの朝のテレビ小説「花子とアン」の原作本です。
赤毛のアンは私のバイブルと言えるほどの本です。
小学生の時にアニメの赤毛のアンと出会い、そこから全巻小説をそろえました。
その翻訳がこの本の主人公の村岡花子さんです。
最初に翻訳されたのが戦後間もなくですから今では当たり前になっている言葉も古めかしいです。
たとえばミントキャンディーは薄荷飴、ワインは葡萄酒です。
子供心にレアケーキってどんな味だろう、とかモスリンのドレスってどんなの?って想像しながら読みました。
アニメを見て、グリーンゲイブルズのトイレやお風呂ってどうなっているんだろうって疑問に思ったり。

村岡さんは明治生まれ、貧しい農家の出身でしたが、父親の奔走で東京のキリスト教の女学校に入学して英語を学びます。
この本にもありましたが、英語を学び、教え、翻訳の仕事もしましたが、実際に外国に行ったのはもう60代になってから。
昭和40年代の60代ですからもうお年寄りです。
娘(養女)家族が赴任しているアメリカにいったそうですが、現地の人が着物姿の村岡さんが流暢に英語を話すのでびっくりしたとありました。
村岡さん、ずっと着物で通したそうです。
イメージとしてはサザエさんの舟さんですね。

朝ドラの影響で村岡花子さん関連の本がたくさん発行されています。
もうちょっと読みたいと思います。


IMG_0432_R.JPG
村岡さんの本を読んでから、小学生のころに買った赤毛のアンシリーズの本をまた読み返しました。
それで思い出したのがこちらの本。
これも私が中学生のごろ発行されたと思います。
本屋さんで見て欲しいなぁと思っても子供には高すぎました。
大型の本で、中は赤毛のアンに出てくる料理やお菓子、洋裁にキルト、小物作りなどイラストや写真ともにレシピが載っています。


IMG_0433_R.JPG
こちらの本は復刻版で3巻出ています。
アニメの後のストーリーの登場人物もイラストで描いてあって見るのが楽しかったのを思い出しました。


IMG_0435_R.JPG
こちらは3巻目で表紙にアンとギルバートと子供たちが描かれています。
内容は今では古くなっていますが、見るだけでも楽しかったです。



アンのゆりかご―村岡花子の生涯 (新潮文庫)

アンのゆりかご―村岡花子の生涯 (新潮文庫)

  • 作者: 村岡 恵理
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2011/08/28
  • メディア: 文庫




赤毛のアンの手作り絵本〈1〉少女編

赤毛のアンの手作り絵本〈1〉少女編

  • 作者: 白泉社書籍編集部
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 1995/08
  • メディア: 単行本




赤毛のアンの手作り絵本〈2〉青春編

赤毛のアンの手作り絵本〈2〉青春編

  • 作者: 白泉社書籍編集部
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 1995/08
  • メディア: 単行本




赤毛のアンの手作り絵本〈3〉夢の家族編

赤毛のアンの手作り絵本〈3〉夢の家族編

  • 作者: 白泉社書籍編集部
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 1995/08
  • メディア: 単行本


↑大人になってもやっぱり買うには本です。
今回も図書館で借りてみちゃった。

朝ドラもこれからの展開が楽しみです。
近藤春菜が面白いですね。



nice!(0)  コメント(0) 

大人かわいいニットのふだん着 [本のこと]

今日は雨の中、電車に乗って遠い本屋と手芸屋さんに行ってきましたよ。

IMG_0564_R.JPG
全国共通百貨店の商品券が3000円あったの。
近所に百貨店ないのにさ。
それで本を3冊大人買い、足りない分は現金で。



大人かわいいニットのふだん着 デイリーからおめかしまで

大人かわいいニットのふだん着 デイリーからおめかしまで



もう春夏の本は買わないようにしようと思ってたのよね。
だって、去年に4枚編んで完成したのは1つよ。
あとの3つも引き続き編むつもりだけどね。
でもmichiyoさんのはダメ、つい欲しくなる。


IMG_0566_R.JPG
作品数は多いようですが、同じデザインで丈の長さ違いとかもあります。


IMG_0567_R.JPG
このバッグかわいい。
でも全部細編みだって、疲れそ~。


IMG_0568_R.JPG
この変形のプルオーバーかわいい。
でも体のラインが横から全部見えますね。


IMG_0569_R.JPG
前と後ろの丈の長さが違うチュニックも流行りです。
上の身頃を編んでから輪編みで下の部分を編むみたい。
あ~、引き返し編みで差をつけてるのね。
苦手なのよね、引き返し編み。


IMG_0571_R.JPG
なんとワンピースの丈のもあります。
かわいいなぁ。
もう年的に無理だけどさ。


IMG_0572_R.JPG
このプルオーバーもかわいい。
長袖だからすぐ編んですぐ着るか、秋まで引っ張るか。


IMG_0573_R.JPG
表紙のプルオーバーも人気があるようです。
確かにかわいい。
去年買った濃いピンクの糸で編もうかな。
今年は新しい糸を買わないでどうにか編むのが目標なんだけど、きっと無理だな。


IMG_0574_R.JPG
かぎ針ケースですって。
かわいいけど布じゃないと突き破りそうだわ。


IMG_0575_R.JPG
michiyoさんの本、このうち4冊持ってる。
図書館で借りて編んだ本もある。
シンプルで編みやすいからいいですね。


IMG_0565_R.JPG
手芸屋さんでは布を中心にいろいろ買ってきました。
同じ柄で色違いを買ってしまうのは収集癖の匂いがしますね。
シロクマの布で息子のお弁当袋を作るつもりです。
春休みって短いからのんびりできないわね~。
nice!(0)  コメント(0) 

コットンフレンド(Cotton friend ) 2014年 春号 [本のこと]

つい買ってしまうハウツー本。
IMG_0351_R.JPG
コットンフレンドはときどき買っています。
こちらは洋裁の本です。
去年もたくさんの本を買って、布を買って、型紙を写して切って、布を切って、そして放置と信じられないスパイラル。
今年も懲りてませんね。


IMG_0353_R.JPG
春らしい服がたくさん載っています。
見ると作れるような気がして布を買うんですよね。
実際、そんなに難しいものは選ばないので作れると思うんだけど、いろいろハードルがありまして。
とりあえず型紙を作る、布を切るまでが面倒。
その後ミシンを出すのが面倒。
だったら止めればいいじゃん!って思うけど布選ぶのは楽しいんだもん。


IMG_0354_R.JPG
こういう丸襟のブラウスってかわいいけどもう恥ずかしくて着れない。
似合わないだろうし。


IMG_0355_R.JPG
エプロンがたくさん載っています。
ガーデニング用のシンプルなエプロンが欲しいんだけど、自分で布を買うとすごく高くつくんですよね。
売っているのは1000円ぐらいからあるけど、短いの。
やっぱり膝ぐらいまであると土の袋運んだり、プランターを持ち上げたりしても服が汚れない。
あんまりかわいい生地だともったいなくなるし、エプロン一つでも悩みます。
ちなみに今使っているのは雑貨屋の福袋に入っていたもの。


IMG_0357_R.JPG
帽子とバッグを同じ布で作ってて可愛い
でも子供野球も終わると帽子ってあんまりかぶらないかも。


IMG_0358_R.JPG
こういうバッグも好き。
バッグ用に買った布もたくさんあります。
なんか作ろう。


IMG_0359_R.JPG
肩にかけられるバッグが欲しいんだけどね。


IMG_0350_R.JPG
つい買ってしまったトイストーリーのエイリアン柄。
これでペンケースとかポーチとか作るつもり。
息子に冗談で中学用の袋物これで作るねと言ったらまじめに拒否されました。
お店には入園、入学用の袋物作りの布を選ぶ人がたくさんいますね。
いいなぁ。
とりあえず無難な布でお弁当を入れる巾着だけ作ってあげようっと。





nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 本のこと ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。